水辺大好き人間のオイラといたしましては、庭の睡蓮鉢&漬物瓶のメダカだけではやっぱり物足りないので、水槽も立ち上げました。
前の家では庭の池が干上がったときに、急場しのぎで屋外の水槽に避難させはしましたが、室内にちゃんと(!?)水槽をセッティングしたのは、アパート暮らし時代以来、実に2年ぶりです。
水槽全景
右の60cm水槽は川の生きもの水槽。
左の30cmキューブ水槽は、海の生きもの水槽。


川の生きもの水槽には、池時代からの生き残りのカワムツとシマドジョウのほか、ウラの北川で捕ってきたオイカワ、モツゴ(クチボソ)や、北山公園の水路ですくってきたキンブナ、ドジョウ、ヨシノボリなどの赤ちゃんたちが泳ぎまわっています。
海の生きもの水槽には、魚としては今のところ熱帯魚屋で買ってきたルリスズメダイが2匹だけ。あとは、ライブロック(微生物が住み着いている岩)にくっついてきたマメスナギンチャクやコワイソギンチャクモドキ(通称:バブルディスク)などのソフトコーラル類や、小さなカニやゴカイの仲間が入っているだけですが、近々海へ遊びに行く予定なので、そのついでに少し生きものをつれて帰ってこようと思っています。
なお、水槽の住人たちについては、今後少しずつクローズアップして紹介していこうと思ってるので、お楽しみに~(小出しにするなって!?だってなかなかいい写真がとれないんだもん・・・)。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする