今日はまず午前中、教育民生委員会の学校視察ということで、御宿中学校と御宿小学校にお邪魔させて頂きました。

一番印象に残ったのは、御宿小学校の校舎の老朽化についてです。
校舎が新しくなった御宿中学校のあとに、築40年にもなる御宿小学校に伺ったためその落差はとても大きく、全体的に薄汚れて、なんとなく暗い雰囲気が漂っているような気がして、少し気になりました。

こどもたちが毎日楽しく学校生活が送れるよう、せっかく先生方が日々努力してくださっている中、校舎がもう少し明るい雰囲気になれば、きっとその効果は倍増するのではと思います。

校舎を新築してに総とっかえする、というのもやり方のひとつ。
あるいは、愛着のある古い校舎をこまやかに手入れをしながら美しく大事に使い続ける、というスタイルも素晴らしいと思います。
いずれにしても予算がかかることですし、今すぐ簡単に実現できることではありませんが、まずは自分に何ができるのか、考えていきたいと思っています。

 

午後は、産業建設委員会の視察として、清掃センターと浄水場にお邪魔しました。
いずれも建設から30~40年経過し老朽化しつつある施設です。

特に清掃センターのごみ焼却施設は、年間数千万円かけて延命措置を施しながら使い続けている中、2市2町共同での広域ごみ処理施設の話がなかなかまとまらない、という苦境に立たされています。

なるべく早く、そしてなるべく良い形で、新しいごみ処理施設を建てることができるよう、僕も勉強しながら考えていきたいと思います。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

> 2015-11-10 (火) 23:56
日時がこうなっていますが?

非公開設定になっていたことに気付かなかったとか?

佐藤さん、いつもありがとうございます。

ブログ文章をまとめるのが苦手で、下書き状態のままどんどん日が過ぎていってしまっております。

すらすらとタイムリーに更新できるようにならねばと思ってます・・・。

Comment feed

コメントする