(☆夏に向けた企画準備でアクシデントが相次ぎてんてこまい中。日付をさかのぼってブログを書いております・・・)

今日は牛舎8号で「原発事故を考えるタウンミーティングPart3」に参加。


元原子力発電所エンジニアの原さん(奥)と、ちば谷津田再生会記念病院手塚さん(手前。顔が見えないか・・・)のお話を伺った後、みんなで意見交換しよう!という企画です。


子育て中のママさんたちを中心に、たくさんの人たちが集まりました。

仕事の都合で途中退場となってしまい、肝心の意見交換まで残っていられなかったのが非常に残念!!!

原さん&手塚さん、お二方とも、今の御宿周辺エリアの放射能汚染はほとんどまったく気にしなくていいレベルだという見解で一致されてましたが、それでも小さなお子さんをお持ちのママたちの中には、まだまだ不安な思いを払拭できない方もいらっしゃった様子。

最後の意見交換タイムで、あのママさんたちはどんなことを話しあったのかなぁ・・・。
帰る時には少しは気持ちがラクになったかなぁ・・・。
そこがとっても気になります。

?国の出した安全基準も信用できない。誰の話を信じたらいいのか分からない。自分で調べてもわからない。
不安と不信と不満の‘底なし沼’にはまってしまうと、毎日の暮らしが本当にしんどいと思います。
ママの不安な気持ちは、子どもたちにも、いろいろヨロシくない影響を与えかねません。
じゃあどうすればいいのか。
 

結局、最後は自分で判断するしかない。
冷たい言い方かもしれませんが、そう僕は思ってます。

そして、自分が「ここなら心安らかに暮らせる」って思う土地で暮らす。
そこが今住んでる土地ならヨシ。そうでないなら、腹をくくって引っ越す。

とにかく‘心安らかに’暮らせる環境を整える、ってのが、子を持つ親としての最低限の責任だと思うのです。
‘フトコロ安らかに’ってのはとっても難しいし(笑)、‘カラダ安らかに’ってのも、目に見えない様々な汚染物質から100%守り切るのは個人レベルでは難しい状況。

でも、‘ココロ安らかに’は、努力次第でなんとかなる。
持って生まれた性格で、比較的すんなりいく人と、かなりてこずる人とがいるかも知れませんが、ここは絶対に妥協しちゃいけないところだと思います。

 

我が家はといえば・・・
みなさんご存知(!?)のとおり、脳テンキに、面白おかしく、御宿の豊かな自然の中でのびのびと暮らしております。

なんだか長々と書いたあげくに、うまくまとまりませんが、とりあえず、

御宿、ありがたや。
合掌。

 

☆今月にはいってからもずっと、放射線量の測定結果に、これといった変化はありません。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする