» 2011 » 9月

なかなかブレイブボードに乗れなかった5歳児ヒコテンですが、しばらくぶりに兄ちゃんに教わりながら2~3日練習したら、みるみる上達して乗れるようになっちゃいました。


この余裕っぷりをご覧あれ!

本人は嬉しくて嬉しくて仕方がない様子。
家族で買い物に出かけても、「早く帰ってブレイブボードやりたい~」と駄々をこねてます。

御宿に引っ越してきてからこれまで体験してきた台風とは、ケタ違いに強烈だった昨夜の嵐。
オンボロ貸家がバラバラになってしまいそうで非常にオソロシかったけど、ええいままよ!と寝てしまい、そのまま無事に静かな朝を迎えることができました。

外が明るくなるのを待って、なにかいいもの打ち上げられてないかな~と、散歩がてら海岸へ出てみると、待ち受けていたのは見たこともない不思議な光景でした。


凄まじい風と雨で、砂の上に小さなとんがり山が無数に・・・
ひとつひとつは富士山にそっくりです。

大量に打ち上げられた材木の中から、家の補修に使えそうなもの(かつ一人で運べそうなもの)を物色しているうちに、朝日がのぼってきました。


山の上にはメキシコ記念塔のシルエット。

 

今日の最初のエモノは、直径15cm、長さはなんと7m近いという、ものすごく細長い丸太。まだ朝5時で人通りも少なかったので、エッサホイサと担いで帰ってきました。

直感の赴くままに、庭の松の木に立てかけてみたところ、あっという間に‘のぼり棒’が完成~!ということで、朝っぱらから男3人でのぼり棒の特訓です。


まずは父ちゃんがお手本。
海水でしめった木の肌がしっとりと手に馴染んで、思ってたより簡単にスルスルと6m上の松の枝まで到達!
松の木のほうにに乗り移れば、ロープかけてブランコ作ったりも簡単にできそう。やったー!


次にヒコテンが挑戦。
兄ちゃんと同じ目線くらいまで登ったところで動けなくなっちゃいました。
まあ5歳児としてはこんなもんかな?


ヒコマックスは自分の背丈の倍以上、3mくらいのところでギブアップ。
まだまだ修行が足らんぜよ。

 
このあとも海岸と庭を何往復かして、角材2本と丸太をもう1本、それからたたみ一畳くらいに組んである木の足場のようなものをゲットしました。嵐の恵みに感謝。

数ヶ月かけて準備してきた大会が、ちっぽけな台風2つがちょいと息巻いただけで、簡単に中止になってしまった。

膨大なエネルギーを注ぎ込んできたものが水泡に帰す。
考え方によっては、ものすごい貴重な経験をしたとも言える。

ここから自分が何を学び、これからのNPO運営や、自分の生き方にどう生かすか。
そんなことをぼんやりと考えながら、しばし休憩・・・。

 


次々と押し寄せる波と、無情にも美しい朝焼けの空。