» 2011 » 3月

睦沢町からいらっしゃったお客様と、2時間たっぷりノルディックウォーキング
風も穏やかで空も晴れ上がって、最高のコンディションでした!


メキシコ記念公園展望台からの眺めに、思わずため息。 


今日のお客様はピラティスの先生!さすが姿勢が美しいですね~。

おはようございます。今朝も放射線量は平常値レベルです。

今日は久しぶりにノルディックウォーキングの基本レッスンのお客様がいらっしゃるので、はっきりとしない天気予報に朝の4時から(笑)ヤキモキしてたのですが、この時間になって陽が差してきました!

午前中だけでもいいからこのままで・・・。
ガンバレおひさま!

ノルディックウォーキングを楽しんでいらっしゃる↓のは、東京から足しげく御宿に通って来られているUご夫妻。
奥様は僕のノルディックウォーキングの愛弟子の中でも、最も優秀な生徒さんです。

おんじゅくDE元気の基本レッスンを受講した後、すぐさまノルディックポールを購入された奥様は、ご自分がある程度習得なさったところで、ご主人を引っ張り込まれたとのこと。

今日はお二人で仲良くメキシコ塔まで行って帰って来られたようです。
素晴らしい!!!

に行ってきました。
講師は、御宿にある「海洋生物環境研究所」 http://www.kaiseiken.or.jp/
通称“海生研”の所長さんです。

海生研は、原発が出す温排水や放射性物質をモニタリングして海洋生物への影響を調べている全国でも数少ない研究所なので、放射線についての専門家がたくさんいらっしゃいます。地元に専門家が大勢いるなんて、なんと心強い!!!

勉強会の内容はだいだい知っていることのおさらい・確認になりましたが、僕にとって大きな安心材料になったのは、スーパーコンピューターで計算した緻密な海流図です。

大気のほうは、自分で毎日計測して何の問題もないことを確認してるので、すっかり安心していたのですが、海水のほうは正直、良くわからんな・・・、子供を海で泳がせてもいいのかな・・・と思っていました。
でも、今日の説明の中で提示された海流図を見る限り、そんな心配はいらなさそうです。
なぜなら、“親潮”にのって薄まりつつも銚子沖まで南下してきた流れを、世界最大級の流れの強さを誇る“黒潮”が、はるか東方へぶっとばしてくれているからです。

もちろん、地球はひとつ、海はつながっていますし、よそへ流れていっちゃったからカンケーねーや、とは決して思っていません。
ただ、大好きな御宿の海で、子供たちと一緒に遊べる!ということは、素直に喜びたいと思います。

おはようございます。今朝も平常値レベルです。

期末処理で頭の中がひっちゃかめっちゃかになってます・・・。